雑記

小さな旅

車窓から満開の桜をゆっくり、のんびり眺めながら、高崎駅経由で上州電鉄の富岡駅へ。4時間の電車旅を満喫しました。目的地は世界遺産・富岡製糸場です。晴れた良い天気でしたが、この日は最高気温11℃。上州おろしの寒風が身にしみました。上州名物のおっきりこみうどんで体を温め、いざ、工場へ。明治創業当時の工場がそのまま残されています。赤いレンガと漆喰の白とのコントラストがきれいでした。
レトロな雰囲気の喫茶店でお茶をして、一路、磯部温泉へ。雀とつづらの伝説のお宿で一泊。心身リフレッシュができた良き宿でした。
帰路の途中、上野で下車して東京国立博物館で開催中の東寺展へ。東寺の数々の仏像が間近で360°から鑑賞できたのは、初めてで、感激でした。
仏像彫刻に携わる者としては、仏像の後ろ姿を拝めるのは、最大のご褒美です。正面や側面と違い、背面は意外と単純に造作している仏像が多いです。
お堂の中では、正面から正座して、見上げる形で仏様を拝むからでしょうか。
楽しい二日間でした。

個展始まりました

3月13日よりミニ個展始まりました。今回は新シリーズの古彩刻を7点、小品を中心に10点合計17点を展示します。極秘情報です。古彩刻にはすべて、作品の中にスマイルマークが隠されています。ぜひ会場で確認してください。

土・日曜日の午後に在廊予定です。