彫刻家 石川時彦

木彫の巨匠・澤田政廣の流れを汲む彫刻家。
社寺建築や仏像などの文化財彫刻で長年にわたり培った伝統彫刻の技をもとに、『仏・天・魔・古(いにしえ)』をテーマに個性豊かで創意溢れる作品を制作しています。
※作品名の後ろに【(※)】と付いているもの以外は全て個人蔵・法人蔵または所蔵品となっております。

石川時彦略歴

1958年東京生まれ
1976年故・齋藤高徳氏(澤田政廣門弟)に師事
本州各地の古寺・名刹、神社など仏像彫刻・社寺建築彫刻の制作・修理に従事
1998年独立・鎌倉に工房を開く
2004年〜全国百貨店にて個展(詳細は『経歴』参照)
2005年アートフェア東京(’14)
2007年東京コンテンポラリーアートフェア出品
2016年東美特別展出品

40年余り、伝統彫刻を受け継ぐ担い手として社寺建築を手掛ける